2007年05月07日

医科歯科オールスターチームのクリニックを実施しました

関東医科歯科リーグオールスターゲームを控えた5月1日、Aブロック選抜オールスターチームへのクリニックを実施しました(医科歯科リーグAブロック:東邦大、帝京大、東海大、東京慈恵会医大、聖マリアンナ医大)。

当日、授業のある生徒もいましたが、17時にはオービックシーガルズのグラウンドに40名強のプレーヤーが駆けつけ、気合いみなぎる中、クリニック開始。これまでのスタイルとは違い、通常オールスターで行っている練習メニューを彼ら自身にオペレーションしてもらい、それに対してオービックシーガルズのコーチや選手がアドバイスするという形式です。
最初は互いに遠慮し合っている感もありましたが、練習が進むにつれ、徐々にヒートアップ。自然とアドバイスにも熱が入ります。

clinic05011.jpg clinic05012.jpg clinic05013.jpg

clinic05014.jpg clinic05015.jpg

練習後は、その日の練習ビデオを見ながらミーティング。
コーチ陣からの指摘やアドバイスを皆が真剣に聞き入っていました。かなり細かい質問も飛び出し、白熱したミーティングが続きました。1時間程度の予定が2時間近くまで延長。帰宅時間を鑑み、まだ熱を残したまま、21:00過ぎにお開きとしました。

医科歯科リーグとの交流は今回が初めて。ほとんどのプレーヤーが将来、医療機関へ進むため、オービックシーガルズへの入部者が無かったこともあり、今まで接点がありませんでした。
これを機に、同じ競技を真剣に楽しむ仲間として、できる限りサポートしていければと思います。
posted by seagulls at 21:24| チーム・選手の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。