2007年06月04日

ルーキー活躍及ばず立命館に惜敗

●6月3日(日)対立命館大学 21−31
■ヤングシーガルズ、第4Qに猛追するが及ばず21−31で敗戦。

3回目の交流戦となった今年は、オービック習志野グラウンドに立命館大学パンサーズを迎えて開催された。

▼オービック習志野グラウンドに駆けつけてくださった観客の皆様。立命館大学のご父兄、OBOGの方々が多く、試合前後は、なごやかな雰囲気に…
06036観客.jpg

試合は、RB#16新人ジョン・ウエスト(ハワイ大卒)が活躍し、先制。オービックシーガルズペースで進むかと思われたが、立命館大学も、テンポの良いパス攻撃で反撃し、1Qで7−7。
そのあと自陣でのファンブルを立命館大学にリカバーされ、7−14と逆転される。
その後、どちらのオフェンスもミスやインターセプトなどで加点できず7−14で前半を終了。

後半、巻き返しをはかるオービックだが、守備陣にも疲れが見え、立命館に追加点を許し、7−21と突き放される。

流れを変えたのは、ベテランWR#19水口。
代わったQB#15龍村からのテンポの良いパスを次々に捕球。
この日ラン攻撃の中心となったジョン・ウエストとコンビで、どんどん前進、第4Qには、2本のタッチダウンを獲得して、21−21とついに追いついた。

が、そのあとの攻撃で立命館大学がオービックの守備の乱れに乗じて、21−28と突き放す。

しかし、オービックはあきらめない。試合終了3分30秒。自陣ではあるが、追加点を狙える時間でオービックのオフェンスとなる。
まずは、同点を狙いたいところだが、ここで最後の攻撃が失速。
4thダウンギャンブルもわずが数インチで届かず、立命館大学に攻撃を渡してしまう。

最後まで守備陣が粘りタッチダウンを許さなかったものの、FGで加点され、試合は21−31で終了した。

日本代表に12人の主力とコーチ陣を送り出して戦ってきたこの春。
QB#9村上(村上はキッカーも兼任)、
WR江川(#83)、萩山(#85)
DL#92加藤、DB#34矢野川、
そして#16ジョンウエストとルーキーが台頭してきている。

▼この日は、数多くのルーキーが出場したオフェンス陣
06032オフェンス.jpg

▼立命館のラインを押し戻す#33ケビン・ジャクソン
06031KJ.jpg

▼オフェンスラインのリーダーシップをとる#70野々村は、立命館大学出身
060311野々村.jpg

▼ランニングプレイで、本場の走りの片鱗を見せた#16ジョン・ウエスト(ハワイ大卒)
06033ジョンウエスト.jpg

▼ジョンウエストにハンドオフした新人QB#9村上
06038村上.jpg

▼今春はオフェンスラインで出場している#76池ノ上。現役最年長選手としてまだまだチームを引っ張っている
06039池ノ上.jpg

▼若手ディフェンスラインの成長株、#93DL福原、#55DL山口
060310福原山口.jpg

▼昨年秋の怪我から復帰、スピードあるプレイをみせてくれたWR#18松田
06037松田.jpg

▼後半、小気味よいパスで猛追。QB#15龍村選手を守る、若手オフェンスライン陣060312龍村.jpg

▼最後のタイムアウトでは、オフェンスメンバー全員がサイドラインに集まった
06034タイムアウト.jpg

▼最後まで粘ったディフェンス陣。DB、LB陣も若手メンバーが奮闘
06035ディフェンス.JPG

6月9日(土)の春季交流戦を春の総決算として、課題を出し尽くして夏の鍛錬に備えていきたい。

************************************************************

■6月3日(日)日本代表候補 対 関東学生選抜
■合宿の成果も上々、清水謙選手がMVP!


ヤングオービックシーガルズが、立命館大学とキックオフしたその1時間後、横浜スタジアムで日本代表候補 対 関東学生選抜がキックオフ。合宿を終えて一段とチームプレイに磨きをかけた日本代表候補の60人が、試合に臨んだ。

この関東学生選抜との試合と、6月17日に行われる在日米軍選抜との2回目の試合で、60人から45人へと最終選抜が行われることもあり、各選手は、1プレイ1プレイ必死で戦う。

試合そのものは、前半で50点以上の差がついたが、全員が手を緩めることなく戦いきった。(最終スコアは、76−7)。

中でも、WR清水謙選手が大活躍、この日94ヤードを稼ぎ、
GAME MVPに輝いた。ワールドカップを生中継するNHKからも報道陣が駆けつけ、夜のスポーツニュースでも紹介されていた。
(6月4日(月)朝日新聞の朝刊でも記事で紹介)

日本代表候補のオービックシーガルズ陣にも注目!!

************************************************************

■春季交流戦最終戦は、今週末の6月9日(土)18:30〜
■明治安田パイレーツ戦。2007チアリーダーもデビュー!

さて、春季交流戦もいよいよファイナル。
今週末の9日(土)、川崎球場で明治安田パイレーツとの試合が18時30分にキックオフされます。

また、この試合には、今シーズン初めてチアリーダーが登場し、春のクライマックスに花を添えてくれます。

若手オフェンスライン。ジョンウエスト、江川、萩山の若手バックス陣、ベテランレシーバー水口、アサヒ飲料から移籍したDL加藤…
新しいオービックの魅力にぜひ、会いに来てください!

************************************************************

■ワールドカップ日本代表壮行試合 6月17日(日)13:30〜
■在日米軍選抜戦。アメリカチームにFOCUS!

ワールドカップ川崎2007も、いよいよあと30日。
参加国からも続々と代表選手情報が大会実行委員会に届いています。

初参加で優勝の本命であるアメリカからの45人は、3分の1がNCAAの?部大学出身、という“本気”が日本チームに新たな決意と覚悟を
もたらしているようです。

17日の米軍選抜には、フィジカルレベルが高いといわれている横須賀基地からの選手が合流する予定もあり“仮想優勝本命アメリカ”にどこまで日本のフィジカルが通用するか見どころになるようです。



6月17日の試合も川崎球場で開催されますので、
今週末のオービック春季交流戦からは、
“レッツゴー、川崎! 
  レッツゴー、オービック
   そして日本!!”ですね。

(事務局)


posted by seagulls at 08:56| チーム・選手の動き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。